• ネクシスのお仕事
  • ERPのお仕事
  • システム開発のお仕事1
  • システム開発のお仕事2
  • 一人一人のキャリアパス
  • エンジニアの一日 No.1
  • エンジニアの一日 No.2
  • エンジニアの一日 No.3
  • エンジニアの一日 No.4
  • エンジニアの一日 No.5
  • エンジニアの一日 No.6
  • エンジニアの一日 No.7
  • ネクシス女子の部屋
ERPのお仕事
greeting

 ― ERPとはなんでしょうか?

ERPとはEnterprise Resource Planningの略で、日本語では統合基幹業務パッケージと呼ばれています。 ERP登場以前の基幹業務システムではそれぞれ個別に存在し、 各システム内で処理されたデータがバッチ等で他のシステムに連携するような仕組みとなっていました。 ERPを使用することにより、各業務システムをリアルタイムに統合し、一つの業務処理を行うと関連する他システムにデータが自動連携されます。 まさに業務をトータルで補完するパッケージソフトの事です。

 ― エンドユーザーとなる企業はどのような企業が多いですか?

ERP事業部が現在対象としているERPパッケージは、ドイツのSAP社のERP(世界シェアNo.1のERPパッケージ)で、 導入企業は主にグローバル展開をしている大企業が中心です。 多言語、多通貨、世界の業務プロセスを取り込んだパッケージという特性を活かし、 導入会社の世界中の拠点のシステムをERPを使って標準化するプロジェクトが主流です。 業種も製造、小売、サービス、商社、通信、製薬、住宅等多岐に渡ります。

 ― どのように開発を行っていますか?(言語や開発の流れ、導入等)

パッケージが持っている機能(標準機能)でユーザの求める業務プロセスを実現できるかを判断するため、 Fit&Gap(フィットアンドギャップ)分析が行われます。 Fitする部分についてはカスタマイズ(=パラメータ設定)にてシステム実装します。 Gapの部分については独自機能としてアドオンプログラムを作成することが多いです。 SAPのERPでアドオンプログラムを作成する場合にはABAPという独自言語を使用して開発を行います。

 ― やってみて面白いと感じたシステムや業種はなんでしょうか?

商社の案件で関った輸出業務のシステム構築がとても面白かったです。 まだ若手の頃でしたが、自分には無縁と思われた貿易業務の知識を吸収できるプロジェクトでした。 ERPは色々な業種の大手企業が導入しているため、様々な業種・業務についての幅広い経験ができるところが魅力だと思います。

 ― この仕事をしていて一番やりがいを感じる瞬間を教えてください。

お客様に信頼されていると感じられる瞬間が一番嬉しいです。 プロジェクト参画当初にあったお客様との距離感が、一緒に仕事をしていく中で徐々に解消され、 気が付くと私を頼ってきてくれるようになったら、そのお客様とは良好な関係になった証拠です。 この状態になると仕事にやりがいを感じるようになります。

 ― ERP事業部のセールスポイントを教えてください。

各個人の意思を尊重することを大切にしています。 ERPコンサルタントを目指すのであれば、他人から強制されて動くのではなく、能動的に自分の頭で考え、 自身のキャリアパスを切り開いていく必要があります。 もちろん各個人がキャリアパスを決めるにあたり、必要なアドバイスや環境整備等のフォローはしっかり行っています。

 ― ERP事業部として取り組んでいる活動はありますか?

ERPコンサルタント・技術者のスキル向上のため、事業部内で勉強会を開催しています。 これまでの実績としては以下のような勉強会があります。

 

(1)ERP事業部勉強会

ERP事業部メンバー全員が参加する勉強会です。 メンバーの中から質問者・回答者を決め、両者のQ&Aを軸に他の参加者を巻き込んで自由に意見交換を行います。 特定のテーマは設けずに自由に発言してもらう形式です。 質問者には相手から有意義な回答を引き出すためのインタビュー力が求められます。 回答者には相手に内容を理解してもらうための説明力が求められます。

(2)テンプレート勉強会

有志が参加する勉強会です。 ネクシスにERPを導入するとしたらどのような業務プロセス、システムフローを定義するべきかを検討し、 それをテンプレート化する作業を通じて基幹業務やERPに対する理解を整理し、深めることが目的です。 各自がそれぞれの現場で得た知識をテンプレートに落とし込むことにより、 各個人の持つ暗黙知をメンバー全体に共有することを目指しています。

(3)コア勉強会

有志が参加する勉強会です。 (1)のERP事業部勉強会はメンバー全員が参加することが前提なので、テーマについては広く浅く、 総論的な内容になりますが、ERPコンサルタントとしての能力向上を目指す場合には、 個別のトピックについてさらに深掘りをしていく必要があります。 そのため、特定のトピックに絞ってより密度の濃い勉強をしようというのがコア勉強会の主旨です。 これまでに開催した勉強会としては「業務知識勉強会」があります。 将来的にはメンバー全員が専門分野を持ち、自分の専門分野のコア勉強会を開催できるようにしたいと考えています。 「全員が講師」というのが究極の目標です。

 ― どのような人物と仕事をしたいか教えてください。また、後輩としてどのような方に入社してほしいですか?

相手に対して敬意を持って接することができる方、向上心のある方、自分の意見を言える方に入社してほしいです。 スキルについては低くても様々な経験・勉強により解消できるので心配する必要はないと考えています。 個人の自由意思を尊重する事業部なので、自分の意見を言えないとなかなか大きな飛躍は望めないと思います。

 ― これからNEXSYSに入社する方々へ向けての一言をお願いいたします。

高い意欲をもって入社される皆さんに対し、ネクシスは最大限のフォローをお約束します。 各個人ごとに適切なキャリアパスを皆さんと一緒に考え、無理なく成長できる道を考えていきます。 これからの厳しい競争時代を一緒に乗り越えていきましょう。皆様のご入社をお待ちしております!




toTop